cover image

「売って、買って、学んでいく。」    キッズフリマサポーター大募集!👬

 
「大人になって急にお金と向き合うことになるなら、もっと早くから学んでおけば良かった 😭」
そう思ったことはありませんか?
 
日本には、子どもがお金について学ぶことができる場がほとんどありません。 また、お金について話すことがタブーだという暗黙の認識があり、学校でも家庭でもなかなかお金について語られる機会がありませんでした。
 
事実、日本人のマネーリテラシーは欧米主要国やアジア圏内諸国と比べて低いレベルにあるという調査結果(※)が出ており、問題視する声が上がっています。
※参照:2019 金融広報中央委員会「金融リテラシー調査 2019年」
 
私たちは、子どもたちには、早い段階からお金のリテラシーを身に付ける場が必要と考え「キッズフリマ」という、子どもだけでお店を出し、売り買いをするイベントを全国で展開しています。
 
このイベントの中で、私たちと一緒に子どもたちの成長をサポートしていただく「キッズフリマサポーター(通称キズサポ)」の方を募集します。
 
子どもたちがお金に強くなるために、できることがここにあります。
少しでも気になった方は、ぜひ最後までお読みください。
 

💁‍♀️キッズフリマについて

 
notion image
notion image
notion image
売るのも、買うのも子どもだけ。大人は立ち入り禁止のフリマイベントです。
 
現金での物の売り買いを通じてお金のリテラシーを身につけることができる体験型教育イベントとして2006年からスタートし、全国でこれまで600回以上開催しています。
文部科学省、環境省、金融庁から後援をいただきながら、お金の教育を日本全国の子どもたちへ届けています。
 

🌏キッズフリマとSDGs

キッズフリマと特に関わりの強いゴール(目標)をご紹介します。
 
notion image
 
4.質の高い教育をみんなに
学校の外で楽しみながら経済や社会を学ぶことができるキッズフリマを各地で開催することで、全国の子どもたちへお金の教育を届けます。
参加費が300円と安価であり、またショッピングモールをはじめとする商業施設を中心に開催しているためアクセスも非常に良く、参加の障壁が低く気軽に参加することが出来ます。
 
12.つくる責任、つかう責任
フリマを通じて「自分にとっての不用品も、誰かにとっては価値がある」という意識を全国の子ども達に浸透させることで、ものを大切に思いながら扱うことができる姿勢が身に付きます。
 

✍️キッズフリマを通じて学べること

1.お金のリテラシー
実際のお金を使っての売り買い、スタッフのレクチャーによってバランスシートの記入の仕方を身に付け、収支の計算を学びます。
 
 
2.リユース意識
自分にとって不要な物が他の誰かにとっては価値がある事を学び、物を大切に扱う姿勢が身につきます。
3.コミュニケーション能力
お客さんへの接客に必要な「見る、聞く、話す」といった基本的なコミュニケーションを体験を通じて学びます。

👨‍👩‍👧‍👦そんなキッズフリマをお手伝いいただける「キズサポ」さんを募集します🤝

 

🤲お手伝いいただきたい事

 
参加する小学生の子どもたちのサポート全般をお願いします。
具体的には、
「収支計算シート」 の書き方を教える
売り買いの計算のお手伝い
子どもたちの「うまくいかない」を親御さんの代わりにヘルプ
といったことです。
 

🙏こんなあなたからのご応募をお待ちしております

 
子どもが好き
お金の大切さを知りたい/教えたい
教育に興味がある
イベントの運営に携わってみたい
 
など、キッズフリマやキズサポに興味を持って、一緒に盛り上げたいと思ってくださる方であれば、経験や年齢問わず、大歓迎です。
 

💁‍♀️応募はこちら

 
 

👩‍💻募集要項

 
活動内容:キッズフリマ内での子ども達のサポート
活動時間:イベントにより変動しますが、目安は10:00-16:00(1時間休憩あり)です
対  象:子どもの成長に関わりたい方/キッズフリマを一緒に盛り上げてくれる方
謝  礼:交通費+昼食代として3,000円/1日をAmazonギフト券でお渡しします。
活動場所:キッズフリマ開催会場(開催場所は首都圏を中心に全国各地の予定です)
 

📅 活動スタートまでの流れ

 
notion image
選考を通過後、ご登録いただく方全員に説明会へのご参加をお願いしております。
説明会は、オンラインで毎週火曜日12:00〜 or 18:00〜を予定しています。
 

💁‍♀️応募はこちら

 
 
皆様からのご応募をお待ちしております。
今後は、オフ会やオンラインミートアップなどキッズフリマをさらに良くしていくための企画も実施していく予定です。
 

© HONEYTHING all rights reserved.